2010年02月15日

オリンピックの影で…

オリンピックの影でサッカー日本代表の日本VS韓国が行われていた。

東アジア大会といい日本、韓国、中国、香港総当りで優勝を争う大会。ワールドカップベスト4入りを目指す我らが日本代表は優勝を目指していたのだが…。
結果は3位。香港は実質中国だから事実上はビリ。サイアク。

岡ちゃんの解任を求める声が大きいが続投が決定されたようである。

オランダ、デンマーク、カメルーンの監督はさぞ喜んだろうね。
日本戦は確実に勝ち星計算できるのだから。
まずは日本で勝ち点3GET。
他のチームとは引き分け、あわよくば勝ちというところ。
だから日本戦で何点取って勝つかが決勝進出へのカギとなる。
各チーム全力で戦ってくれるだろう。

このままいけばサッカー人気に危機が訪れるくらいの敗戦が待っているのではないだろうか?

政治もサッカーも問題のある人間を辞めさせることができない状態。どちらも結果が見えているだけに悲しいねぇ。
posted by バン暮ら at 22:52| オリンッピック

2010年02月14日

バンクーバーオリンピック開幕

昨日、バンクーバーオリンピックが開幕しました。

開幕式は先住民と自然が強調されたイベントだった。

実はこの北米地域には19世紀からイギリス・フランス人が進出してきて先住民に対しアクドい同化政策が行われた。
子供は先住部族から切り離し隔離し英・仏語による教育を実施した。ここでレイプなどの性的ないやがらせ等が相当数おこなわれた。私が滞在していた2001年当時、その訴訟が約800件も行われていた。

そんな話が頭の片隅に残っていた。こういう恨みは簡単に消えるものではない。
住む土地、財産、言葉、文化を奪われ今になって「白人の築いた文化の一部を提供しますよ」と言われても「うれしいな!」とは思えないだろう。支配下にあることには変わりないのだ。

こういうイメージを払拭させたいという考えは強くカナダにはあり今回の開幕式のイベントとなったのだろう。
ただ、一昨年の北京オリンピックでは新疆ウイグルやチベットなどの問題を隠し民族融和を印象付けようとしていた。どう見てもこれと重なって見えてしまう。
「自分達のやってきた(やっている)汚点を逆に綺麗に世界中にアピールしたいのか。」と。

今、カナダで先住民への弾圧は表面上はないが、失業率などは高いままなのだという。

日本人には異民族による支配という歴史はなくピンとこない話題かもしれない。
しかし今、民主党が決めようとしている外国人参政権が決まれば遠くない将来、この「先住民」となるのは我々日本人かもしれない。
などと深く深く考えてしまう。

さてモーグルでも見よっかな。続きを読む
posted by バン暮ら at 19:34| オリンッピック