2012年01月05日

編集室よりご挨拶

サイト名 バンクーバーの暮らし方

所在地 #704-850 Bidwell st. Vancouver B.C. Canada V6J 2J8(設立時)

主な内容 ワーキングホリデー、語学留学、長期滞在者の為のカナダ バンクーバーの生活情報等の提供、物品販売仲介 

編集員 代表 : KATSU
    性別 : 男
    誕生日 : 5月28日
    E-Mail :vaninfo@vankura.com
    現在 : 埼玉県所沢市
    出身地 : 神奈川県横浜市


経緯 1999年8月、勤めていた会社の経営が悪化しカナダに行くことを決意し退社。2000年1月から2001年12月の約2年カナダ バンクーバーに滞在。
少し準備や考え方を変えるだけで、苦労せず楽しめて余計な出費を抑えられることを後から来る人に広めたくWEBサイトを立ち上げ現在に至る。
アフィリエイトプログラムを2005年ごろより導入。本当に役立つ情報だけ掲載するようにしました。
この収益はカナダ取材のために役立てることを誓います。

編集協力
■歯列矯正日記、JTO日本語教師:Marty 

設 立 2000年4月
posted by バン暮ら at 22:33| Comment(0) | 日記

2009年11月12日

ふと思う(泣きごと)

日本に帰国。そして働きはじめる。
何かの拍子にカナダに行っていた・住んでいたことがわかると決まって言われるのが「じゃあ英語ベラベラ?」である。
どの程度のことを言いたいのか…。
ちょっとしゃべれる人が1年行ったってきたのと、全くのゼロの人が1年行ったのでは全然違う。オイラは後者。

これがビジネスクラスの会話ができると思われてしまうことがあるから手に負えない。「日常会話がやっとでしたし、帰国して日本語環境100%で8年も経ちます。」「まあ、ちょっと勉強してもらってね…。○○をやってもらいたいんだ。」(理解してねえし)
ちょっとばかり勉強してもスグ戻ってこない。ましてビジネス会話は無理だっての。「どうしても!」っていうなら何でも「I don't know.」で通すぞ。

そんなことをアレコレ考えていて、最近「もう一年カナダにいればよかったなぁ。」と、最近しみじみ思えてきた。
あのときは(2001年頃)、日本に帰りたくてしょうがなかった。ビジネススクールが終わると同時に帰ってきた。何であんなに帰国したかったんだろう。何かが待っているというワケでもなかったのに。

逆に滞在していれば英語は確固たる自信が持てるレベルに上げることができたかもしれない。ま、たらればはないんだけどさ。
所詮、これは言い訳で勉強する気があれば、色々な教材がある。
しかし、バンクーバーであればネイティブ達のしゃべりを耳にしながら勉強できる。
ちょっと聞けるようになってくると「こんな表現があるのか。」「こう言っても通じるのか。」と気づくことは多い。バンクーバー全体が聞くだけでしゃべれるようになる教材なのだ。
そして、聞いたソノ文を使ってしゃべれる環境が目の前にある。日本でできないのはコノ部分なんだよね〜。

今からはとてもバンクーバーに戻れないし。そのときの気分だけで行動しているのは非常にもったいないことです…(そんなつもりはなかったんだけど)。
posted by バン暮ら at 15:19| 日記

2009年08月28日

選挙

日本は衆議院選挙最終。
マスコミは何を約束されているのか一方的に民主党が優勢と言い続けている。あれ、完全に操作というか洗脳している気がする。

選挙期間中、民主党優勢と聞き続ければなんとなく、そんな気がしてきてしまう。「調査によりますと民主党が…」とこをどうやって調査しているのか教えて欲しい。続きを読む
posted by バン暮ら at 15:52| 日記

2009年08月17日

突然の病気

JTOの元生徒さんが100万人に数人という珍しい病気のために亡くなった(詳しいことは日本語教師JTOを参照)。
生徒さんは20代前半。1ヶ月ほど前までは元気に通学してピンピンしていた。それが突然である。
images_09-1.gif
カナダに行く前に海外傷害保険は必ず加入しておこう。
人生何が起こるかわからない。「まだ若いしぃ〜」などというセリフは気休めにもならないのだ。続きを読む
posted by バン暮ら at 17:12| 日記

2009年08月02日

ホームステイ終わり

タイワニーズキャナディアンの生徒さんのホームステイ全日程が終了した。いや〜もう1ヶ月経過したんですね。怖いくらい早かった。満足してくれたのかなぁ。
images_m047.jpg
出発間際になってJTOと最後の授業を行っているところ。
バンクーバーに帰り、日本との交換留学制度のある高校に行くという。このときのことが何か役に立って欲しい。
ガラーンとなってしまった部屋が妙に寂しい。続きを読む
posted by バン暮ら at 18:32| 日記